ザ・メイキング(71)人工芝ができるまで
身近な製品がどのような技術を使ってつくられていくのかを追い、モノの成り立ちと科学技術の関わりを伝えます。今回のテーマは、人工芝。原料は、ポリプロピレン。ポリプロピレンを溶かし、着色(芝の緑色)して人工芝は作られる。溶かした原料は袋状に引き延ばし、裁断してヒモ状にする。ヒモ状の材料をさらに引き延ばし切れ目を入れて、強くて伸縮自在なものにする。これを「ヤーン」と呼ぶ。「ヤーン」は、人工芝の部分やその基板となる「基布(きふ)」にも用いられる。芝部分のヤーンを基布に縫い込み先端をカットすると、枝分かれをし、芝生のようになる。(サイエンスチャンネル:2001年制作)
放送日  ※放送予定はやむを得ず変更となる場合があります。ご了承ください。
番組表TOP