ザ・メイキング(73)耐火レンガができるまで
身近な製品がどのような技術を使ってつくられていくのかを追い、モノの成り立ちと科学技術の関わりを伝えます。今回のテーマは、耐火レンガ。耐火レンガの主な材料は「ボーキサイト鉱・マグネシア・粘度」である。この主材料に酸性耐火物・塩基性耐火物(酸化マグネシウム)などを混ぜて製造する。材料を配合し練り合わせたものを、プレスマシンで用途に応じ、およそ1000種類の形状に成型する。焼成工程は「トンネルキルン」という焼成機で行い、約2000℃の高温で焼き固める。燃料には、環境に配慮した「LPGガス」を使用している。原材料配合から出荷まで約2週間。これらの製造工程は全てコンピューターに制御されたロボットが行う。(サイエンスチャンネル:2001年制作)
放送日  ※放送予定はやむを得ず変更となる場合があります。ご了承ください。
番組表TOP