ザ・メイキング(77)琴ができるまで
身近な製品がどのような技術を使ってつくられていくのかを追い、モノの成り立ちと科学技術の関わりを伝えます。今回のテーマは、「琴」。琴の材料は、樹齢60年〜70年の桐。琴の等級を決める木目は、複雑なほど高級品とされる。原木選びから製材・乾燥が終わるまで、約1年かけて作業が行われる。琴の裏面を電動カンナでくりぬき、中央部分を薄くしていく作業を「甲造工程」という。更に、細かく緻密な模様を彫ることで、音響効果を増す。模様の種類は、綾杉彫り、子持綾杉彫り、すだれ目彫りがある。みがき作業は、「いぼたの木」の花の花粉をみがき粉にして、「シュロ」の木の表皮で作ったブラシでみがいていく。(サイエンスチャンネル:2001年制作)
放送日  ※放送予定はやむを得ず変更となる場合があります。ご了承ください。
番組表TOP