ザ・メイキング(80)草刈機ができるまで
身近な製品がどのような技術を使ってつくられていくのかを追い、モノの成り立ちと科学技術の関わりを伝えます。今回のテーマは、「草刈機」。ポータブル草刈機は農業だけでなく、ガーデニングなどでも広利用されるようになった。日本では、昭和34年に第1号ポータブル草刈機が製造された。当時は、ギヤを使わずベルトによって回転数や回転の方向を変えていた。パイプの中に挿入された、ドライブシャフトが回転し、その回転運動が刃に伝わり、草を刈る事ができる。ドライブシャフト用の軸受けは、振動を押さえ、安定した回転に変換する役割がある。(サイエンスチャンネル:2001年制作)
放送日  ※放送予定はやむを得ず変更となる場合があります。ご了承ください。
番組表TOP