ザ・メイキング(84)卓球ラケットができるまで
身近な製品がどのような技術を使ってつくられていくのかを追い、モノの成り立ちと科学技術の関わりを伝えます。今回のテーマは、「卓球ラケット」。卓球のルールでは、ラケット本体の85%以上は天然の木を使用する事と定められている。ラケットには、ペンを持つように握る「ペンホルダーラケット」と握手をするように握る「シェイクハンドラケット」がある。材料は厳選された木曽ひのき材を使用。木目が均一でまっすぐなのが最良とされ、1〜3年かけて自然乾燥する。本体は、合板製造工程→形状加工工程→グリップ加工工程→仕上げという作業の流れで製造される。(サイエンスチャンネル:2001年制作)
放送日  ※放送予定はやむを得ず変更となる場合があります。ご了承ください。
番組表TOP