ザ・メイキング(122)ガラスびんができるまで
身近な製品がどのような技術を使ってつくられていくのかを追い、モノの成り立ちと科学技術の関わりを伝えます。今回のテーマは、「ガラスびん」。主原料となる「カレット」とは回収されたびんを選別し砕いたもの。回収されたびんは、まず色ごとに選別され、異物を徹底的に除去した後、細かく砕いて「カレット」が作られます。その後溶解窯で溶解した後、成形されます。(サイエンスチャンネル:2002年制作)
放送日  ※放送予定はやむを得ず変更となる場合があります。ご了承ください。
番組表TOP