ザ・メイキング(227)漆の器ができるまで
身近な製品がどのような技術を使ってつくられていくのかを追い、モノの成り立ちと科学技術の関わりを伝えます。今回は、漆の器です。材料には、奥能登のヒノキを2年以上乾燥させて使います。生地作り、下塗り、上塗り、加飾と分業されていて、約40工程、124の手間がかかると言われています。(サイエンスチャンネル:2007年制作)
放送日  ※放送予定はやむを得ず変更となる場合があります。ご了承ください。
番組表TOP