「ワンクリック詐欺」にご注意ください


 自分宛に送付されてきた電子メールに記載してあるWebページへのリンクをクリックしたところ、いきなり「ご登録ありがとうございます」等という表示に加え、使用中のパソコンのOS、ブラウザ、IPアドレス、プロバイダ名等の情報を表示した上で、不正な金銭を請求する悪質な詐欺が横行しています。
 万が一、このような事態に陥った場合でも冷静に対応する事が賢明です。また、このような被害を未然に防ぐ手法として警視庁では以下の点に注意するよう呼びかけておりますので参考にしてください。

警視庁ホームページ→ハイテク対策→ネット犯罪対策→ワンクリック料金請求にご用心)

  1. 利用規約がないような場合は無視をする。
  2. 利用規約がある場合は、よく読んで確認する。
  3. 電子消費者契約法では、事業者は、消費者に対して申し込み内容を再度確認させるための画面を用意する必要があるので、このような確認措置が無いような場合、その申し込みは無効を主張することができる。
  4. 上記2,3に「同意」した上サービスを利用した場合は、支払い義務が発生するおそれがある。なお、「いいえ」や「NO」ボタンをクリックしても、「登録完了」画面になる場合もあるが、そのような画面では、確認措置があることにならないので、「3」に準じて対処する。
  5. 悪質なものに対しては、氏名、住所、電話番号などの個人情報は絶対に伝えない。電子消費者契約法では、事業者は、消費者に対して申し込み内容を再度確認させるための画面を用意する必要があるので、このような確認措置が無いような場合、その申し込みは無効を主張することができる。

 また、国民生活センター(http://www.kokusen.go.jp/)でも「あわてないで!! クリックしただけで、いきなり料金請求する手口」というタイトルの記事が平成16年12月13日付けで記載されていますので参考にしてください。

当社では、第三者からの請求によりお客様の事前の承諾なくお客様の個人情報を開示することは原則としてありません。従って、上記のような事業者に当社からお客様の個人情報を開示することはありませんのでご安心下さい。

※詳しくは当社の「個人情報の保護に関する宣言」をご覧下さい。

 




トップページ  >  ワンクリック詐欺について