愛媛CATV ケーブルテレビはさらなる進化へ。

  1. ホーム>
  2. インターネット>
  3. IPv6サービス>
  4. IPv6について

IPv6について


IPv6に関する基本情報をご案内いたします。

IPv6が必要な理由
IPv6(アイピーブイロク)とは、現在の規格に代わるものとして規定されたインターネット通信の後継規格です。
今後IPv6が必要とされる理由についてご説明いたします。
インターネットの世界ではIPアドレスが必須
IPv6が必要な理由を説明するために、まずはインターネットの仕組みから説明します。
お客様がご利用になっているインターネットは「IPアドレス」という仕組みが使用されています。IPアドレスとは、インターネットにおける 住所情報のようなもので、パソコンやホームページのサーバやメールサーバそれぞれに割当てられています。このIPアドレスがあることにより、 正常なインターネット通信を行うことができていると言えます。

現在の規格の問題点
現在、この住所情報は「IPv4」という規格が使用されており、最大で約43億個割り振ることができます。
これは充分な数のように思えますが、現在インターネットに接続されている端末に加え、将来的にネット利用が普及すると考えられる 各種機器(パソコン、電話、時計、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、自動車など)を考慮すると十分とはいえません。既に40億個を超える 端末がIPv4アドレスを共有しています。未割当てのIPv4アドレスがなくなれば、全ユーザーでアドレスを共有する必要が出てきます。
そこで新しい規格として「IPv6」が必要とされるようになりました。

IPv6での解決
IPv6が割り振ることができる住所情報の個数は最大約340潤(カン)個とされています。これはIPv4(最大約43億個)の4乗となり、 例えればIPv4の個数をマッチ棒の太さとすると、IPv6の個数は宇宙の幅に相当するとされています。 つまり、ほぼ無限にIPアドレスを割当てることが可能となるのです。
IPv6によりIPアドレス不足を解決することができ、将来的にも安定したインターネットの利用が可能になります。
さらに、IPv6ならではの新技術や新サービスも期待されています。