愛媛CATV ケーブルテレビはさらなる進化へ。

  1. ホーム>
  2. インターネット>
  3. IPv6サービス>
  4. IPv6 FAQ

IPv6 FAQ

IPv6 FAQ ~よくあるご質問~
IPv4・IPv6とは何ですか?

IPv4とは、インターネットプロトコルバージョン4の略で、インターネット内で情報を送信する場合に使用される識別システムです。 IPv4は現在主流となっているシステムで、IPアドレスと呼ばれる4つの数値(それぞれ0~255の間)を各ネットワーク機器にそれぞれ割り当てます。 IPv4で割り当てることができるアドレス数は約40億個までですが、近年、割当てるアドレス数が足りなくなっています。 IPv6はインターネットプロトコルの最新バージョンで、割り当て可能なアドレス数を約340潤(340兆の1兆倍の1兆倍)まで拡張し、実質的に無限に IPアドレスを割り当てることができます。
IPv6を利用するメリットは何ですか?

一般に言われているIPv6導入のメリットとしましては、以下のようなものがございます。
アドレスが潤沢にあるため、全ノードがグローバルな接続性を持ち、直接通信が可能となる
IPv6の規格上(RFC)でIPsecをサポートしており、セキュリティの確保が容易である
DHCPサーバがなくても、ホストに自動的でIPアドレスとデフォルト経路が設定されるため、管理者に負担がかからない
ユーザが何か準備する必要はありますか?

本試験サービスは、IPv4・IPv6デュアルスタック(同時利用)による接続になります。 そのため、IPv4での接続に関しては従来通り使用できますが、IPv6接続の場合にはIPv6対応機器が必要となります。
自宅のインターネット接続環境がIPv6になるとレスポンスが早くなりますか?

いいえ。家庭内ネットワークのパフォーマンスに大きな違いは出ません。
IPv4は使用できなくなりますか?

将来的に使用出来なくなる可能性はございますが、現在、IPv4を廃止する予定はございません。 従来通り利用できますので、ご安心ください。
IPv6で接続しているか確認したいです

こちらにアクセスして確認してください。既に多くのデバイスがIPv6を サポートしていますが、IPv6の利用にはアクセス先のウェブサイトがIPv6に対応している必要があります。
IPv5は無いのですか?

IPv5というプロトコルも存在しますが、実験的なプロトコルであり実用には至っておりません。