基礎知識

■コンピュータウィルスとは

広い意味でのコンピュータウィルスとは、概ね以下のような特徴があります。

  • ユーザの意思と無関係にコンピュータへインストールされる。
  • ユーザの操作と無関係に起動する。
  • ユーザが望んでいない動作や結果を出力する。

これらコンピュータウィルスの大半は、不特定多数のコンピュータに何らかの意図的な被害をもたらす目的で、第三者によって作成されたプログラムであり、自己伝染機能、潜伏機能、発病機能のいずれかを一つ以上を有しています。

(コンピュータウィルスが持つ機能の具体例)
  1. 自己感染機能
    • 他のプログラムに自分の複製をコピーすることで、他のシステムに伝染しようと試みる。
    • メールや書類等に自分自身を添付することで、他のパソコンに感染しようと試みる。
  2. 潜在機能
    • 指定された時間や実行回数などのトリガ(発端となる事象)が発生するまで、発病せずに潜伏している。
  3. 発病機能
    • 感染したパソコンのパフォーマンス(実行速度)を低下させる。
    • ディスプレイ表示を乱す。
    • 自分自身の中またはインターネット上より、スパイウェア等の不正なプログラムを勝手にインストールし、起動する。
    • ハードディスク上のシステムファイルを破壊し、コンピュータを動作不能に陥れる。


 コンピュータウィルスには、画面表示を変更するだけのいたずら程度の比較的被害の少ないものから、ハードディスク上のファイルを完全に破壊するようなものまで存在します。 コンピュータウィルスには「トロイの木馬」や「ワーム」「マクロウィルス」など特徴や症状によって種類があり、最近ではこれらの複合型も増えて、世界各地で非常に多くの種類のウィルスが作られているのが実状です。

 コンピュータがコンピュータウィルスに冒されたときの状況を「感染」と呼び、コンピュータウィルスの被害が起きたときのことを「発病」といいます。

 普段から、コンピュータウィルス対策ソフト等による定期的なウィルスチェックはもちろんのこと、発病の際にはインターネットへの接続を物理的に断つ(LANケーブルを抜く)等、他のコンピュータにウィルスを撒き散らさないような配慮が必要です。

 例えば、ヒトは病気になると医者にかかり適切な治療を受けます。コンピュータも同じで、コンピュータウィルスに感染してしまった場合には適切な処置が必要なのです。

(コンピュータウィルスの大まかな種類)
  1. ブートセクタ感染型
    • フロッピーディスクやハードディスクのブートセクタに感染するウィルスをブートセクタ感染型といいます。 ブートセクタとはパソコン起動時に読み込まれる場所であり、最近ではパソコンの起動時にフロッピーディスクを用いなくなったことや、ネットワーク経由では感染しないことから最近ではほとんど見かけません。
  2. マクロ感染型
    • マクロとは、スプリクト言語で記述されたソフトウェア実行手順のことで、ワープロや表計算機で簡単に実行できます。ソフトウェア開発技術に詳しくないユーザでもマクロの知識さえあれば、不正な動作をさせるマクロウィルスを簡単に作成できます。ワープロや表計算ソフトのマクロ機能を利用したウィルスをマクロ感染型といいます。
  3. トロイの木馬型
    • トロイの木馬プログラムそのものがウィルスであるタイプです。
    • トロイの木馬はツールやゲーム、ユーティリティなど一見無害なプログラムを装いつつ、ユーザに実行されるのを待ち、ユーザに実行されると被害を及ぼすものもあります。
    • トロイの木馬プログラムが実行されるとデータの破壊や、情報の窃盗、バックドアの作成などの被害が発生します。
  4. ワーム型
    • ウィルスは一般にファイルからファイルに感染し、プログラムやデータの破壊などコンピュータの正常動作に大きな影響を与える不正プログラムのことを指しています。 このような不正動作をせず、進入したコンピュータに自分のコピーを作り、他のコンピュータに電子メールなどを介して送付する機能を持つ不正プログラムを特に「ワーム」といいます。
  5. 電子メール機能悪用型
    • ウィルス自身が電子メールを送信する機能を持ち、ウィルスが添付された電子メールを勝手に送信してしまうタイプです。電子メールが普及した現在では感染力が強いのが特徴で、殆どの場合送信元メールアドレスは詐称されています。 実際にはメールをやり取りしたことの全くない相手からウィルスメールが届くのはこのためです。
  6. セキュリティホール攻撃型
    • OSやアプリケーションソフトのセキュリティホールを利用し、添付ファイルを自動的に実行してしまうタイプのウィルスです。 例えば、ウィルスに感染したWebサイトの閲覧などで添付ファイルを自動実行してしまいます。



    ■コンピュータウィルスに感染すると

      コンピュータウィルスに感染した場合、すぐに発症するケースとそうでないケースがあります。いずれの場合にも以下の様な事象が発生する危険があります。

    コンピュータウィルスに感染したパソコン

    • 個人情報や認証情報の流失・盗難
    • 重要なデータの流失や破壊、改ざん
    • 大量のメール送信によるパフォーマンス(処理能力)の低下
    • BIOS等の改ざんによるマシントラブル

    コンピュータウィルスに感染していない他のパソコンに与える影響

    • 感染したパソコンから送付されるウィルス付メールやその他の感染活動による感染の危険
    • トラフィックの増加による通信速度の低下


    ■コンピュータウィルスに感染しているかどうかを調べる方法について

      コンピュータウィルス対策ソフトを導入されている場合は、ウィルスデータベースが最新になっていることをご確認いただいた上で、ウィルススキャンの実施をお願いいたします。
    また、コンピュータウィルス対策ソフトを導入されていない場合には、下記のウェブサイトにて無料でオンラインウィルススキャンが実施できますのでご利用ください。

    オンライン・ウィルススキャンが行えるサイト


    ■コンピュータウィルスに感染していた場合の対処方法について

      万が一、お手持ちのパソコンが何らかのコンピュータウィルスに感染していた場合には、表示されたコンピュータウィルス名を検索キーにサーチエンジン(yahoogoogle等)で

     「コンピュータウィルス名△駆除方法」(△は半角スペースです。)

    等と検索を行い、駆除方法を調べるか、シマンテックホームページトレンドマイクロホームページマカフィー等のコンピュータウィルス対策ソフト開発元のサイトで、そのウィルスに関する駆除方法等を得ることができます。

    また、ご自分で対処することが出来ない場合には、パソコンをご購入されたパソコンショップ等にご相談されることをお勧めいたします。 弊社ではコンピュータウィルスの駆除等は承っておりませんので予めご了承ください。


    ■コンピュータウィルスに感染しないためには

      コンピュータウィルス対策ソフト等を導入されている場合、重要なのはウィルスデータベースを随時最新の状態に保持することです。
     せっかくコンピュータウィルス対策ソフトを導入していても、ウィルスデータベースが最新でなければコンピュータウィルスが素通りしてしまうことは十分考えられます。 また、最新のウィルスデータベースといっても新たなウィルスが出現してその情報がウィルスデータベースに反映される迄には時間差があり、 この間にそのコンピュータウィルスに感染してしまうという事例も実際に起こっています。

    コンピュータウィルスに感染する危険をおさえるには以下の点にご注意ください。

    • お客様一人ひとりがコンピュータウィルスに関する正しい知識を持つ。
    • パソコンのオペレーティングシステム等のソフトウェアは出来る限り最新の状態を保持し、セキュリティホール等への対策を行う。
    • 不審なメールは不用意に開かない。
    • 不審なサイトへのアクセスは控える。
    • 不審なサイトで自分の個人情報(メールアドレスや氏名、住所、生年月日)等をむやみに登録しない。






    トップページ > インターネット > ウィルス情報 > 基礎知識