愛媛CATV ケーブルテレビはさらなる進化へ。

  1. ホーム>
  2. 電話サービス>
  3. IP電話>
  4. IP電話お申込みにあたって

IP電話お申込みにあたって


IP電話(C@ble Phone)のお申し込み前に必ずご一読ください。

 「IP電話(C@ble Phone)お申し込みフォームへ」のリンクは本ページの最後にございます。 下記項目をご一読の上フォームへお進みくださいますようお願いいたします。
なお、「IP電話(C@ble Phone)お申し込みフォームへ」よりお申し込みいただいた場合、本ページの記載内容に関して同意いただいたものとみなします。

 本サービスは050から始まる番号を提供するIP電話サービスです。 ケーブルプラス電話とは別サービスですのでご注意ください。


IP電話(C@ble Phone)お申込みにあたって
IP電話(C@ble Phone)は弊社が提供するインターネットサービスのオプションサービスです。 弊社提供のインターネットサービスにご加入されていないお客様へのご提供はできません。
TA(テレフォニーアダプタ)はケーブルモデムの設定場所に隣接いたしますのでTAと電話機間のモジュラーケーブルによる接続はお客様にて実施していただきます。
IP電話(C@ble Phone)ご利用にあたり、電話機をお客様にて準備していただく必要がございます。 電話機は、一般的に市販されているものがご利用いただけますが、PBXやピンク電話等電話機の種類によってはIP電話の電話機としてご利用できないものがございますので、ご注意ください。
IP電話(C@ble Phone)のご利用方法にはIP電話(C@ble Phone)用に別途電話機をご用意いただき、単独にて利用する方法と、 現在利用中の電話機を使用し、IP電話(C@ble Phone)と一般電話回線を併用でご利用になる方法との二通りがございます。 IP電話(C@ble Phone)と一般電話回線を併用でご利用になる場合は、以下の点にご注意いただく必要がございますので、 弊社では、IP電話(C@ble Phone)専用に別途電話機をご用意いただく「IP電話(C@ble Phone)単独にて利用する方法」をお勧めします。
1. 一般電話回線をIP電話(C@ble Phone)のTAに接続する為の工事につきましては、お客様側で実施していただく必要がございます。
2. IP網経由での通話が出来ない場合に、自動的に一般電話回線に切り替えて再度発信するには、TAの設定変更が必要となります。 また、TAの設定変更はお客様ご自身の責任において行っていただく必要があります。
3. IP電話(C@ble Phone)と一般電話回線とで1台の電話機をご利用になる場合、弊社ネットワーク及び上位回線の障害・メンテナンス等によりIP網経由での通話ができない場合は、 第2項で自動再発信の設定を行っている場合に限り、自動的に一般電話回線経由での通話となります。 自動再発信の設定を行っていない場合には相手電話番号の先頭に「0000」を付加する事で一般電話回線経由での通話が行えます。 これらの場合の通話料金はご利用先の電話会社からの請求となりますのでご注意ください。
4. IP電話(C@ble Phone)から110番や118番、119番等の緊急電話及び「0120」「0570」「0990」で始まる電話番号等へは接続できません。 IP電話(C@ble Phone)と一般電話回線とで1台の電話機をご利用になる場合、これらの番号への通話は一般電話回線経由でおこなわれます( 自動再発信設定又は相手電話番号の先頭に「0000」を付加した場合に限る)。 特にダイヤルQ2等の有料サービスをご利用になられる場合はご注意ください。 なお、IP網経由か一般電話回線経由かを判別する方法については弊社ホームページに掲載しておりますのでご参照ください。
5. 110番や118番、119番等の緊急電話を行った後、約3分間はIP電話(C@ble Phone)による通話ができませんのでご注意ください。
6. 障害やメンテナンスによりIP網が利用できない場合、自動再発信設定又は相手電話番号の先頭に「0000」を付加した場合に限り、一般回線を経由した通話となりますので、 本来IP網を経由して行われる無料の通話であってもご加入の電話会社より通話料金が請求されます。
7. 一般電話回線とTAとの接続が必要となりますが、この作業は基本工事には含まれておりません。一般電話回線とTAを接続する場合、取扱説明を参考にお客様ご自身にてご接続ください。 当社では一般電話回線とTAの接続工事は承っておりません。
※ 一般回線のモジュラージャックからTAまでの配線が必要となります。
※ 電話配線がモジュラーケーブル未対応の場合は対応工事を行っていただく必要がございます。
※ 電話機がモジュラーケーブルに対応していない場合も電話線の加工等の工事が必要になります。
インターネット接続サービス1契約につき1つのケーブルフォン電話番号を提供いたします。050- 電話番号の指定及び変更はできません。
基本料金300円/月(税抜)及び通話料金(IP網を経由する有料通話分)は、サービス開始月を含め毎月末に料金の計算を行い、翌月の27日にお客様のご指定口座より引落しいたします。 引落し口座は、ケーブルインターネット接続サービスご利用料金の引落し口座と同じになります。
無料通話分のみのご利用で、基本料金のみのご請求の場合には通知書を送付致しません。
通知書では通話料金の合計のみをお知らせ致します。通話明細につきましては当社ホームページ専用フォームよりご確認いただけます。 なお、通話明細のご確認時にはログインパスワードが必要となります。ログインパスワードは設置工事時にお渡しする書面に記載されております。 書面による通話明細の発行等は行っておりません。
通話先によって無料通話の場合や、有料通話の場合があり通話料金も各種異なります。また通話料金は変動することがございます。 無料通話先、有料通話先、各種通話料金に関しては変更する場合がございますので、最新の通話料に関しては当社ホームページ料金表を参照ください。
弊社が提供するIP電話(C@ble Phone)以外のサービスに対する料金を滞納された場合でも、IP電話(C@ble Phone)のご利用を制限・中止することがあります。
TAは当社貸出機器ですので大切にお取扱ください。お客様に起因する破壊や紛失した場合は弁償代金として出張費及び20,000円(税抜)/台が必要となります。
一般電話と比べた場合、TAとそれに接続する電話機との相性によっては、通話音質が劣化する場合があります。 また通信状況によっても、通話品質の劣化、聞き取りにくさ、通話の切断等がおこる可能性があります。 この場合でも通話料金は課金されますのであらかじめご了承ください。また、この場合の通話料金を弊社にて補償することはできません。
弊社ネットワーク及び上位回線の障害・メンテナンス等によりIP網経由での通話ができない場合もあります。
TAのLAN側ポートにパソコンを接続する場合、IPアドレスはプライベートアドレスとなります。グローバルオプションをご利用のお客様は、 モデムとTAの間にHUBを設置することでTA・パソコンそれぞれにグローバルIPアドレスを割り当てることができるようになります。
※ HUBはお客様でご用意いただく必要がございます。
ベーシックコースご利用のお客様でIP電話(C@ble Phone)をご利用になられる場合、パソコンは必ずTAのLAN側ポートに接続ください。 この場合、ケーブルモデムとパソコンを直接接続したことでお客様が被るであろう被害について弊社では一切保証いたしません。
IP電話(C@ble Phone)を取りやめる場合は、あらかじめご指定頂いた日時に貸出機器の撤去にお伺いいたします。 なお、解除月の基本料金は日割り計算いたしません。また、通話料金は撤去した月末締めをもって清算し、翌月にご請求いたします。
IP電話(C@ble Phone)を一度取りやめた後、再度利用する場合は改めて新規にお申し込みいただきます。この場合、電話番号は以前のものと異なりますのであらかじめご了承ください。
※ IP電話(C@ble Phone)をご利用いただく際に、利用規約を遵守していただく必要がございます。