愛媛CATV ケーブルテレビはさらなる進化へ。

  1. ホーム>
  2. お知らせ>
  3. 「マルウェア被害未然防止」に関する実証実験について

お知らせ

2017年01月12日

「マルウェア被害未然防止」に関する実証実験について

2017年1月14日~2月末の予定で、弊社ケーブルインターネット利用者さまを
対象に「マルウェア被害未然防止」に関する実証実験を行います。

昨今、インターネットの利用において情報セキュリティの脅威が、巧妙化・複雑化
する傾向にあり、コンピュータウィルスへの感染手法もホームページを閲覧するだけで
感染してしまうなど、高度化・巧妙化しています。
感染手法の 1 つであるマルウェアは、有害なソフトウェアであり、近年、個人情報の
窃取、インターネットバンキングを利用した不正送金等のサイバー犯罪を引き起こす
原因の一つとなっております。

実証実験ではインターネットの安心・安全をご利用の皆様にご提供するために、
「マルウェア感染防止」「被害未然防止」、に取り組んでまいります。
今回の実証実験についてはネットワーク側にて実施いたします。ご利用者にてソフト
ウェアのインストールや設定等の作業は必要ございません。

<警告表示について>
マルウェアに感染する恐れがあるサイトにアクセスしようとする場合、
下記の警告画面が表示されます。
http://www.e-catv.ne.jp/internet/active/CarefulAwakingScreen.pdf


<報道資料>
http://www.e-catv.ne.jp/pressrelease/20170106.pdf

<マルウェア被害未然防止活動について>
http://www.active.go.jp/active/damage_prevention.html